WORKS

ベンチャー企業社内研修 コンプライアンスサポートacademic works




企業研修担当



Overview |概要



クライエントは急成長を遂げている民泊業界注目のベンチャー企業。
国家戦略特別区域(通称:特区)や住宅宿泊事業法(通称:民泊新法)等、宿泊関連の分野では法整備がめまぐるしく変化しているため、企業は新たなサービスを提供するのと同時にコンプライアンスの面も常にアップデートをしていく必要があります。
今回は、新たに施行される住宅宿泊事業法も含め、その他関係法規についての企業研修を担当させていただきました。

Background |背景



客室不足が深刻な問題となる中、Airbnb等の新たなサービス(シェアリング・エコノミー)が急速に普及し始めております。
総務省のデータによれば、その市場規模は2013年に150億ドルだったに対し、2025年には約3,350億ドルにまで拡大する見込みとのことです。
そういった背景から、Airbnbのような諸外国のサービスだけでなく、日本国内の企業からも新たなシェアリング・エコノミーのサービスは開発されております。
行政側も既存の法制度を大きく見直す流れにあり、企業側もそれにあわせてサービスの形態を多様に変化させています。

Approach |アプローチ



1、法令実務研修

流動的に変化する法規制について、サービスを提供する企業は都度その内容を把握し、法令を遵守する体制を整備していくことが必要になります。
企業研修では、最新の法令の動向を踏まえた研修を実施いたしました。


2、トレーニング

①関連法規解説
②事例解説
③その他営業研修

Effect |効果



○顧客の提供するサービスに安心を提供
○社員の知識向上による意識改善

この事例をシェアする

CONTACT
お問合せ

お電話でのお問合せ
03-5318-9046(平日:9時00分 ~ 19時00分)

COMPANY INFO
事務所概要

academic works行政書士事務所

所在地:東京都中野区中野5-32-4 中野ステーションハイツ302号
TEL:03-5318-9046 FAX:03-5318-9047